紫外線と背中ニキビの関係について

紫外線と背中ニキビの関係について

紫外線は背中ニキビを悪化させる原因となりますので、
紫外線が当たりやすい背中は、しっかりと対策をしなければいけません。

 

背中は、体の中でも広い部分ですし、
紫外線をしっかりと受け止めてしまう部分です。

 

特に夏の時期などに薄着をしていると、
知らず知らずのうちに日焼けをしていたという経験をした人もいるでしょう。

 

自分の手では、背中にまで日焼け止めを塗ることも難しいので、
思っている以上に紫外線のダメージを受けていると言えます。

 

紫外線が背中ニキビを悪化させてしまう理由は、
主に2つの原因がある事が分かっています。
太陽

 

紫外線が背中ニキビを悪化させる2つの原因とは??

 

原因の一つは、ポルフィリンです。
ニキビの元々の原因は、皮脂が詰まってアクネ菌が増えることですが、
紫外線を浴びてしまうと、アクネ菌を増殖させるポルフィリン毒が多く出てしまうのです。

 

ポルフィリンは、ニキビを悪化させる原因なのので、しっかりと予防する必要があります。

 

もう一つの原因は、活性酸素ですが、
活性酸素はお肌のシミやシワを作るだけではなく、ニキビの炎症を悪化させることも分かっています。

 

紫外線に当たると、お肌の中に活性酸素が多く発生し、
ニキビの炎症を増やし、治りを悪くします。

 

その結果、紫外線を多く浴びることで、ポルフィリンと活性酸素の2つの毒素が発生し、
背中にきびが出来やすくなるだけではなく、治りづらくもなるのです。

 

ニキビケアをしっかりしても治らないどころか悪化している人は、
日中の紫外線対策を怠っていることが原因かもしれません。
しっかりと紫外線を予防する為には、日焼け止めが必須なのです。

 

また近年ではニキビ予防にも効果がある日焼け止めなども発売されています。
ニキビが気になる人は一般的な日焼け止めでなく、
専用の日焼け止めを使用するとより効果的です。

 

日焼け止めの種類によっては、アクネ菌に効果がある商品ですと
ダブルの効果を期待できますので、そちらを利用するのも良いかと思われます。

 

また、日笠や帽子、長袖、首にタオル等を合わせて着用すれば、
紫外線からお肌を守ることが出来ますので、背中ニキビ対策には是非使って下さい。

関連ページ

日光と背中ニキビについて
強い日光を浴びることによって、背中ニキビができてしまうことがあります。これには紫外線が関係してきます。