日光と背中ニキビについて

日光と背中ニキビについて

強い日光に当たることで、背中ニキビが出来てしまうことがあります。
特に、夏は紫外線が強い上にお肌の露出も多くなること、
また暑さで汗ばみ背中に皮脂がたまる場合もあります。

 

そうなると、お肌が日焼けをしてダメージが蓄積し、
背中ニキビが発症する原因となります。

 

日光

 

日焼けを防ぐ対策をするには紫外線が強い夏だけではなく、
冬の時期でもしっかりと行っていなければなりません。

 

冬でも、日中の時間帯には太陽から光が注がれ、
紫外線は私たちの肌に届いていますので、時期に関係なく、
しっかりと日焼け対策をする必要があるのです。

 

そして、お肌は日の光に当たり紫外線を多く取り込むと、
活性酸素を大量に発生させてしまいます。

 

表面積が広く、自分では確認ができない背中は、
知らず知らずのうちにダメージを受けてニキビが広がることがあります。

 

また、毎日のケアを怠っていると、知らないうちに背中ニキビが出てくることがありますので、
日々のケアがとても大切なのです。

 

日光を浴びるような日には、夏場だけではなく、
常にしっかりと日焼け止めを使うようにしましょう。

 

それから日焼け止めを使った後は汚れがたまったままですと、
更にニキビの原因になるのでしっかりとシャワーで洗い流すようにします。

 

また、背中は日焼け止めを塗りづらい場所ですが、
綺麗に洗い流すのも難しい部位です。
汚れを残さないよう、意識してしっかりと洗うようにして下さい。

 

紫外線によって発症するニキビに似たようなものとは?

 

それから、ニキビと似たようなもので、
紫外線によって発症する日光過敏症と言うものがあります。

 

日光のUVBという中間の波長が皮膚炎の原因で、
表皮内にある細胞の中のDNAを傷つけることにより、
肌細胞が炎症を起こしてしまうのだそうです。

 

皮膚が赤くなる、皮が剥ける等の症状が出たら、
日光皮膚炎の可能性が高くなってきます。

 

こういった病気もお肌にダメージを与えるものの1つとなりますので、
紫外線対策はしっかりと怠らずにしましょう。

 

普段とは少し違う状態の場合には、
皮膚科での診断を受けることも考えた方が良いかもしれません。

関連ページ

紫外線と背中ニキビの関係について
紫外線が原因で背中ニキビができることがあります。なぜ紫外線が原因となるのでしょうか??こちらでは、原因とケアの仕方について紹介いたします。